コニュニティナースとは

「どのような看護活動が求められているのか?」住民や他分野の人材と一緒に考えるのがコミュニティーナースの特徴です。

わたしたちコミュニティナースを介して地域の輪が広がり、地域の声・みんなのアイデアが形になる、そして健康で幸せな人があふれていく。そんな町を目指して活動しています。

  • 地域に必要な機能を創る
    例:地域でのサロン活動(健康講座、在宅医療の周知、健康相談、介護相談など)、他施設の医療人材を招いての健康教室、暮らしや健康に関する相談対応(暮らしの保健室等)
  • ヒトコトをつなぎ町を元気にする
    地域医療勉強会やイベントの定期開催、施設・職種・地域を越えて育み・育む体制づくりを進めます。
  • 医療や看護の担い手を増やす
    高校・中学校へのキャリア教育参画、学生の地域活動参加を促す等、活動の魅力化だけでなく、次世代と繋がり新たな担い手確保に貢献します。